キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

LCCが安く航空券を提供できる理由

なんでそんなに安いのか そもそもLCCって皆言っているけど、なんの略称なんだろう?という人たちの為に説明しますと、

必要最低限の燃料で

どれくらいの燃料が必要になるのか なぜLCCは荷物を預けるだけでもお金がかかってしまうんだろう・・・?なんてことを

自社サイト販売でコストカット

中間搾取がない LCCを利用するのだということになると、色々なところでコストカットが行われているので機内サービスを

新着情報

◆2016/11/08
LCCが安く航空券を提供できる理由の情報を更新しました。
◆2016/04/01
必要最低限の燃料でを新規投稿しました。
◆2016/04/01
自社サイト販売でコストカットを新規投稿しました。
◆2016/04/01
座席の間隔が狭いと思ってもを新規投稿しました。
◆2016/04/01
効率の良さが安さの秘密を新規投稿しました。

メンテナンス費用を削減するためには

意外とお金が掛かるのは

飛行機を維持するだけでも、かなりのお金が掛かってしまうというのは、なんとなく予想できますが、その中でもメンテナンス費というのはバカにできません。

整備を怠ってしまったが為に飛行機事故なんていうものを起こしてしまっては、航空会社としての信用も地に墜ちてしまいますので、手は抜けないことになるでしょう。

しかし、あまりにも古い機体をずっと使っていると劣化も早くなってしまいますし、フライトが終わる度に細部まで点検をして部品交換を・・・。ということにもなります。

そうなってきてしまうとコストを削減するどころの話ではなくなることは明白ですので、まずは古い部品を使わないようにしていくことが重要になります。

LCCでは積極的に新機材を導入することによって、メンテナンス費を削減していっているので格安で航空券を提供することが可能になっているのです。

技術が進歩する度に

日々色々なメーカーが飛行機の部品や機材に関しては開発していますので、後から出たものほど長く使えるようになっていることになります。

まだまだ日本では新規参入色が強いLCCではありますが、新しい会社だという時点で、新機材を導入しているという点が強みになるのです。

まだ投入したばかりの機材ならば、すぐに壊れることもほとんどありませんので、簡単なチェックだけで大丈夫かを確認することが可能なのだと言えます。

そうなってくると整備士への人件費も少なく抑えることができますので、従来通りに安価で航空券を提供することができるでしょう。

故障の不安も少ないはず

実際に現場に投入されてしばらく経っているという新機材を導入するのならば実績を積んでいるので、万一の時も故障することは少ないと考えられます。

代替機を用意できないLCCだからこそ、一台一台を完璧な状態のままキープしておくというのが重要なことになるのかもしれませんね。

関連する記事

▲PAGE TOP
Copyright(C)2016 LCCが安く航空券を提供できる理由 All Rights Reserved.